悪化させてしまうNGなこと

いつまでも美しいお肌を維持したいのは誰でも同じです。しかし大人ニキビができてしまうと、一つだけでも非常に目立つため隠したい気持ちになるでしょう。隠そうと思えば思うほど悪化してしまうことがあります。大人ニキビができたとき、悪化しないためにはどうすればよいのでしょうか。知らず知らずNG な行動をとっていると、どんどん悪化してしまい最終的には化膿してしまうことさえあります。

まず第1にニキビができてしまった時には決して触らないようにしましょう。洗顔を行う際にもお肌を擦るのではなく、泡を肌につけてさっと流す程度で構いません。もちろんその他の部分についてはしっかり汚れを落とすために泡洗顔を心がけてください。ニキビができている部分は強くこすったりせず、泡をつけるだけにとどめましょう。また隠すためとはいえ、沢山のコンシーラーを使ってしまうことなども避けた方が良いです。コンシーラーによって毛穴が塞がってしまうと治らずに、内側で細菌の繁殖がひどくなってしまいます。

そうすると結果的には悪化してしまうので、できる限りのナチュラルメイクを心がけてください。マスクで隠すなどというのも同様に避けた方が良いことです。スキンケアに関してはあれこれとお肌につけてしまうのではなく、ビタミンC やその他にもお肌の炎症を鎮めてくれる成分を中心にしましょう。乳液などは毛穴をふさいでしまう可能性があるので、治るまでは避けた方が良いでしょう。万が一ひどくなってしまった時や化膿してしまったときでも潰してしまう事は避け、お薬を塗る方法や無添加成分で作られた洗顔料で洗うといった方法で対処しましょう。

目立つので潰してしまうという方もいるようですが、潰してしまった後の毛穴はポッカリと穴が開いた状態になります。そのためニキビ跡ができやすくなり、あちこちに跡が残ってしまうとメイクでは隠しきれない状態になるので注意してください。どんなに気になっても決して自ら潰すということは避けなければなりません。